坐骨神経痛が妊婦さんに多い理由を知ってますか?

妊娠して、妊婦さんになるというのは、とても素晴らしいことです。
お腹の中で大事な大事な、赤ちゃんが育つ、10ヶ月あまりのとても貴重な時間でもあります。
妊婦さんになることで、母親になるために、体の中では色々な変化が起こっていきます。

妊婦さんになって、今まで痛みなどを感じたことはなかったのに、坐骨神経痛になってしまう人もいます。
私が、妊婦になったときは、かなりひどい腰痛を感じました。
お腹が大きくなるにつれて、腰や下半身にとってはかなり大きな負担になってしまうのでしょう。

坐骨神経痛になってしまったり、腰痛を感じるようになるのは仕方がないことなのかもしれません。
ですが、妊婦の間だけだからと、放置していくのもあまりよくないと思います。
少しでも、違和感を感じたり、痛みを感じるのであれば、出来るだけ早く病院に行って診察を受けるべきだと思います。

ある方のブログを見ていると、その方も妊婦さんなのですが、坐骨神経痛になってしまっているそうです。
そのために整体に通っているとのブログ内容を見ました。
やっぱり、坐骨神経痛になってしまうのは妊婦さんの場合、珍しいことではないように思います。

この方のように、少しでもあれと思うことがあったのであれば、整体などで治療を受けるといいでしょう。
少しの短い期間ですが、妊婦生活を満喫したいと思っても痛みを感じていたりしては、楽しむことも出来ません。
しっかりと治療をして、妊婦であることをしっかりと満喫してステキな時間を過ごしていきたいものです。

坐骨神経痛治療

糖尿病の改善には運動が欠かせません

糖尿病というのは、簡単にいうと血液中のブドウ糖の量が異常に高くなってしまう病気です。

血液のブドウ糖は本来ならば、エネルギーとして利用されるものですが、それが何らかの原因でうまく体に取り入れられなくなってしまいます。
そして吸収されなかったブドウ糖が尿と一緒に出てしまい、これが、糖尿病という名前の由来にもなっています。

よく血糖値という言葉を聞きますが、これは血液中にあるブドウ糖の量のことです。
血糖値は健康な人でも、食事をした後には高くなります。
これは、しばらくするともとに戻るのですが、糖尿病になると慢性的に血糖値が高い状態が続きます。

糖尿病は、運動不足や過食などの生活習慣、ストレスなどが原因で発症するといわれています。
もともと遺伝的になりやすい人もいるようですが、最近は、原因になる生活習慣やストレスなども多くあるため、糖尿病になる人が、増えてきているようです。

糖尿病は、病院で処方される薬によって治療を行っていくことになりますが、自分で糖尿病を改善するための方法として、運動があります。
運動をしてエネルギーを使うことで、血糖値を正常にしていくことが出来ます。

血糖値下げる

カットりんご

自律神経失調症の病院での治療はもぐら叩きに似ている?

自律神経失調症の病院での治療は、「もぐら叩き」に似ています。

例えば頭痛の原因がわからないときは痛み止めの薬が処方されるだけです。
次にめまいが出れば耳鼻科に行くように言われ、めまいを抑える薬が出されます。
さらにうつ症状が出ると精神科や心療内科に回され、抗うつ剤を処方されます。

このように、ただその時に現れた症状に合わせた薬を出すだけの治療なのです。
すべて一時しのぎの対症療法です。根本的な治療ではないので、薬をやめればまた症状が出ます。
これがもぐら叩きに似ていると言われるゆえんです。あるいは、”いたちごっこ”といってもいいかもしれません。

薬を処方する医師も薬が根本的な治療にならないことは知っているはずです.
しかし他に打つ手がないからそうせざるをえないのです。

どこの病院に行ってもほとんどこんな治療しか受けられません。
自律神経失調症に悩む患者さんは本当にやりきれないと思います。

そのうえ、世間では原因がわからない病気で悩んでいる人に「気持ちの問題」とか、「仮病」とか「怠け病」とか言ったりします。

いろんな症状に苦しんでいるうえに、追い打ちをかけるように周囲の無理解に苦しむ。
そういう辛さが自律神経失調症にはあるのです。

自律神経失調症改善

メガネやコンタクトレンズを使い続けるとどうなるか?

メガネやコンタクトレンズをしているほとんどの人が犯している過ちがあります。何だと思いますか?

それは、近くを見るときにもメガネやコンタクトレンズを使い続けていることです。特にコンタクトレンズはメガネのように簡単にはずしたりできません
からつけたままということが多いと思われます。

そもそも近視とは、近くは見えるが遠くがみえづらい状態です。それを矯正するのがメガネやコンタクトレンズの役目です。

眼球は元々ボールのように丸い形をしています。
でも、近くを見るときも常にメガネやコンタクトレンズを使って矯正していると、眼球は目の奥の方に横長の楕円状になってきます。
極端な例ですがラグビーボールのようになってくるのです。

そうなると、ものを写し出す網膜の位置が後ろに移動しますから、ピントの位置が変わり、今までの矯正ではピントがが合わなくなってくるのです。

つまり近視の度が進むということになるのです。

このように、メガネやコンタクトレンズで過矯正したために視力低下を起こしている近視を「軸性近視」といいます。

軸性近視は強度の近視です。こうなると視力回復は難しくなります。

こんなことならないためにも、早くから予防したいものですね。

視力回復トレーニング

傷つきたくない

傷つきたくない

恋愛に発展しない理由に「傷つきたくないから逃げる」というものがある。
平和日常に慣れている人は、こと恋愛においてもなるべくなら傷つきたくない。
そのような状況におかれた時に、恐れて避けて逃げたりして、安全な道を選ぼうとするけれど、そんなんじゃ恋は育たない。

あらゆる試練は、恋を育てるチャンスです。
試練は乗り越えらない人には与えられないと誰かが言っていたし。試練を超えてこそ愛は深まるのだと思う。

大切なひとを待てる心のゆとりと胆力を鍛える。

遠距離の恋人達だけじゃない。
多忙な時や、気持ちが揺れている時。恋愛にはすれ違いや、逢えない時間、逢えても心の距離が離れてしまうこともある。

それでも状況が好転することを慌てずに待つゆとり、ゆとりが無い場合は信じる心を持とう。
『待てる力』は、もっとも大事な恋愛を育む糧である。
恋愛のどんな局面であっても必要で、恋愛だけに限らず人生全般に関してもっとも重要な大切なものだと思う。

逢えない不安に、心を注力しないこと。
痛みや不安は考えれば考えるほど、妄想として膨らみ自分で制御できなくなるから。

不安で不安でたまらにときは時は、目の前にあるやるべきことをまずはやること。
今できる何かに集中してみよう。

片思い 恋愛 成就

脚痩せ 美脚になるためのウォーキング

O脚の人が美脚になるためのウォーキングについてのお話です。

そもそもO脚とは、かかとをつけて立った時、膝と膝がくっつかない脚の状態をいいます。

正しいフォームでのウォーキングを続けることでO脚を改善することができます。

正しい歩き方は、踏み出し、着地、体重移動、かえしがポイントです。

1.踏み出し
フォームを安定させるために」、歩幅を少し広めにとります。
ふくらはぎの足の裏の角度は、90度になるようにします。

2.着地
かかとから指先へと順番に着地してください。
指の先でしっかりと地面を踏みしめるようにします。

3.体重移動
指先にこめた力を使って体重移動します。腰にかかる体重が自然と
前に引かれるようなイメージです。

4.かえし
地面をそのまま蹴ります。後ろの人に足の裏が見えるくらいまで、
つま先は地面につけたままにします。その際、左右にぶれないようにします。

ウォーキングは、脚痩せだけでなく、脳を活性化させたり、骨を丈夫にする効果があります。ぜひ続けましょう。

足を細くする方法

手汗の治療 ボトックス注射は効果があるのか?

手汗の治療のひとつにボトックス注射というのがあります。
これはボツリヌス毒素A(商品名ボトックス)を腋の下の皮下に注入する療法です。

手汗は精神性発汗といって、心が関係しているといわれています。そのため自律訓練法などの精神療法がおこなわれたりするわけですが、これには時間がかかります。

その点このボトックス注射は、手っ取り早く発汗を抑えられるうえに、精神性発汗にも効くといわれています。

ボツリヌス菌は、神経の末端から分泌されるアセチルコリンを抑制します。このアセチルコリンは、交感神経の末端で発汗を促進させています。このアセチルコリンを抑制すれば発汗も抑えられるというしくみです。

次になぜ精神性発汗に効くのかということですが、手汗の人はまた汗をかくのではないかという予期不安を持っています。

この不安が汗をかく原因になっているのですが、効果のあった患者さんはボトックス注射をすれば汗はかかなくなるから、また注射すればいいという自信が生まれてきます。

この自信が予期不安を和らげ、汗をかきにくくさせるという心理メカニズムなのです。

ただしボツリヌス菌は元々神経毒ですので副作用があります。腕が重くなったり、しびれが出たりします。

ですので、やはり詳しい専門医にかからなければいけないといえます。

手汗治療

旦那とデート

先日子供たちが義実家にお泊りに行ったので、
仕事が休みだった旦那とデートしてきました。
前は子供たちがよく泊まりに行っていたのでちょくちょく
2人で出かけていましたが、小学校に入ってから
その頻度が少なくなったので久しぶりでした。

朝子供を送り出してから、私が行きたかったお店に数軒付き合ってもらい、
その後は旦那の希望の海鮮料理店でランチ、映画と楽しんできました。
晩御飯は数年ぶりにお気に入りのワインバーへ。
おしゃべりしながら美味しいお料理を頂きました。

次の日も子供たちを迎えに行くまで、近くのカフェでモーニングを
してきました。

子供たちとのおでかけももちろん楽しいですが、たまには夫婦の時間も
大事ですよね。

自然の中に入って見るのも

毎日一生懸命、って無理ですね。

浮き沈みは人間ですから必ずあります。

あなたは感情の生き物だと何度言われたことか・・・。

仕事に寄っても人は生活スタイルも物の考え方も変わってきます。

私は、疲れてくるとふと、自然の中に身をゆだねたくなります。

今日は、自然を感じなさい、機械のそばにいるだけではいけません、と今日の運勢。

たまには時間をつくってリフレッシュもいいかな、かと言って街のどまんなか、

公園を探しましょうか。

少し足をのばしましょうか、色々考えるわけです。

にぎやかなところは好き、でも孤独も好き、切り替えができる環境が大切なのでしょう。